デビルバットダイブ

デビルバットダイブは瀬那が主にゴール直前で使用する、タッチダウンを狙う技である。最初に登場したのは太陽スフィンクス戦で、王城戦で大田原に破られるまで一度も失敗したことはなかった。瀬那の持つ俊足を活かし、そのままのスピードで相手の頭上を飛び越えたり、相手の壁(ライン)に突撃したりする。

実際でもこのようなプレーはあるのだが、危険であるため多用は禁物だ。タッチダウン、またはファーストダウンを獲得するためにわずかな距離を一気に進むという技となっている。

シンプルにいえば「飛び込み」であり、リアルにも実現が可能な技ではあるのだが、しっかりとトレーニングを行っているプレーヤーでなければ危険であり、かなりの確率でケガをすることになる。

捨て身の危険性

実際のスポーツでの現場を想定すると、相手が頭から突っ込んでくるというシーンはとても恐ろしいものだ。「捨て身」といってもいいほどで、相手を飛び越えるのであっても、正面から突撃するのであっても、一瞬怯むことになる。

それは「頭」が人間の身体の中でもっとも大切な部分であるため、相手に対しては驚きとともに瞬間的な恐怖を与えるからだ。特に瀬那は俊足のためデビルバットダイブはとても高速で衝撃も相当なものだ。

それまで技で翻弄し、かわして突き進んできたセナの最後の覚悟とも捉えることができる技になっていて、スタイルはシンプルであってもスピードが伴うため、成功率も高かった。セナのアメフト魂を象徴する技である。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加