ドク堀出(ドク ほりで)

ドク堀出はアメフトチーム西部ワイルドガンマンズの監督で、いつでも拳銃を撃ちまくっている。小柄で、ノリのいい性格をしており、肝心のアメフトに関しては作戦や心理戦といったテクニックとは無縁であり、ショットガンなどに代表されるような教科書どおりの戦法しか使わない。

一方で、その外見や性格とは裏腹に小心者であり、試合中などに焦る姿もよく見られる。高校教師としての担当科目は「英語」であるが、授業中であっても先述したとおり拳銃を使用するために、生徒からの評判は良くない。

ドク堀出の指導する西部ワイルドガンマンズは、東京のなかでも最強の攻撃を誇るチームとして知られている。しかし、監督として凝った戦術を用いないことからもわかるように、メンバー頼りの戦い方しかできない。

特に、中心メンバーであるキッドと鉄馬を中心としたパス戦術、もう1つは陸のランプレーが主な戦い方である。シンプルで極端といえるほど攻撃を重視したチームであり、王城などの守備重視のチームとは正に対局の位置にある。

西部ワイルドガンマンズの実力

かつてはほぼ無名のチームであったが、秋季大会の前評価の段階ではBクラスとなっており、王城を抜いて高い評価を得ている。実践においては王城には負けているものの、その際は鉄馬が毎回試合を欠場していたため万全の状態での優劣は不明。

このために、キッドと鉄馬のコンビプレーが使えなかったのが大きな敗因となっている。この2人に頼っていることに加えて、守備と前衛、主将、監督についても問題を抱えており、大きな弱点となっている。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加