バッファロー牛島(牛島馬波郎)

バッファロー牛島は西部ワイルドガンマンズのプレーヤーであり、ポジションはディフェンシブタックルを務めている。その容姿は、バンダナとロングヘアが特徴であり、チームのキャプテンを務めている。

大会での実績を見ると、東京ではディフェンシブタックル部門でベストイレブンを受賞し、世界大会にも参加している。

一方、失敗する場面も多く、例えば泥門戦で十文字とマッチアップした際には、体格・筋力共に優れているにも関わらず、十文字1人に完全に抑えられてしまった。

チーム内での立ち位置

レギュラーメンバーであるバッファロー牛島であるが、肝心のワイルドガンマンズはキッドと鉄馬に依存したチームである。

東京でも最強のオフェンスチームとして知られているが、鉄馬1人が欠場した際に戦術を大幅に変更したこともあるように、メンバー構成に難がある。それでも、秋季大会の前評価において、王城を抜く最高評価のSを得ている。

バッファロー牛島のポジションであるディフェンシブタックルは、アメフトの中でもディフェンシブラインに属し、その中でも内側に位置するポジションとなっている。

そして、試合ではオフェンスラインぶつかることから、選手に求められるのは体格の大きさと当たり負けしないパワーである。一定の瞬発力は必要であるものの、長距離を走るためのスピードはそれほど必要のないポジションであり、バッファロー牛島にはぴったりである。

ポジション

ディフェンシブタックル(DT)

ディフェンシブタックル

プロフィール

  • 学年 3年生
  • 背番号 94
  • 身長 186cm
  • 体重 104kg
  • 誕生日 10月27日
  • 血液型 B型
  • 40ヤード走 5秒5
  • ベンチプレス 120kg

テクニック

二本の角(デュアルホーン)

ラリアットのようにしてリップを繰り出す。

空中二本の角(デュアルホーン)

二本の角(デュアルホーン)の対空バージョンだが要はただのラリアット。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加