ホーマー・フィッツジェラルド

ホーマー・フィッツジェラルド(Hormer Fitzgerald)は、NASAエイリアンズに所属するアメフト選手であり、チーム内でのポジションはクォーターバックとなっている。チーム内では、その体格を活かして、どのようなタックルにも負けず、加えてその腕力を活かしたパスが効果的であり、エイリアンズの主力として活躍している。

ホーマー・フィッツジェラルドの得意技を見ていくと、その強肩を活かしたシャトルパスがある。これは、超高空まで投げ上げるパスであるが、一方でコントロールに難がある。

彼自身、「強肩とコントロールは両立しない」と語っており、パスは正直言ってノーコンである。これはクオーターバックとしては非常に珍しいことだ。

ワールドカップではチームメイトのパンサーの推薦でアメリカ代表の控えメンバーに登録され、試合に出場することになった。

特徴

他の特徴としては、未成年でありながら飲酒をしている点がある。シャトルパスについて少し説明をすると、持ち前の強肩を使って「高く」「遠く」へパスをするのが目的であり、特に飛距離が素晴らしい超ロングパスとなっている。

しかし、先述したとおり、コントロールが悪く、失敗することも度々ある。クォーターバックというポジションは、チーム内での司令塔であり、彼のパスは精度に難があるもののチームを支える武器となっている。

ポジション

クォーターバック(QB)

クォーターバック

プロフィール

  • 背番号 5
  • 身長 183cm
  • 体重 97kg
  • 誕生日 11月3日
  • 血液型 O型
  • 40ヤード走 5秒6
  • ベンチプレス 130kg

テクニック

シャトルパス

強肩を活かした超ロングパス。コントロールに難があるもののその飛距離は作中でも屈指のものとなっている。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加