佐々木コータロー

佐々木コータローは、盤戸スパイダーズのキッカーである。実力派のキッカーとして描かれており、武蔵が持つ60ヤードマグナムのコードネーム、そしてその伝説を知って、武蔵に対してライバル心を持っていた。

パワーはあるが正確さに欠ける武蔵の剛球とは対照的に、とても正確で精密なキックが可能であり、武蔵と並ぶキッカーとして活躍が描かれた。

盤戸スパイダーズの試合を支えるべく、風の流れ、強さ、そして正確な配球で、チームの重要な局面を支え続けた。キックに関して絶対的なプライドを持っていて、プレーのことであればいくら話しても尽きないというほど、キックを愛している。

仲間である赤羽とはウマが合わない様子で、度々ケンカに発展する様子が見られた。その反面、とても仲間思いであり、それはプレーにも表れている。ただ、その性格や思いやり故に、キックが一枚突き抜けないという歯がゆさもある。

スマートへのこだわり

スマートが口癖であり、佐々木コータロー本人も常に髪の毛のスタイルが乱れるのを嫌っている。常にコームを携帯してはいるが、怒ってしまうとそのコームを折ることもある。

コームは相当数を所持している様子である。成功率100パーセントのスマートキッカーと紹介され、体型通りにスマートが彼の形容詞であるといえる。

エルビス・プレスリーを敬愛しており、ヒル魔にはファッキンモミアゲと揶揄されていた。ワールドカップでは武蔵と共闘した。

プロフィール

  • 学年 2年生
  • ポジション キッカー(K)
  • 背番号 99
  • 身長 178cm
  • 体重 65kg
  • 誕生日 11月30日
  • 血液型 B型
  • 40ヤード走 5秒5
  • ベンチプレス 65kg

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加