小早川セナ

小早川セナは言わずと知れた「アイシールド21」の主人公である。正しくは小早川瀬那だが、作中では「瀬那」という字が難しいためか、「セナ」と呼ばれているためこちらで表記する。

主として泥門デビルバッツのランニングバック、フリーセイフティを務めているが、スペシャルチームではリターナーをこなす。また、白秋ダイナソーズ戦においては、クォーターバックを務めた経験もある。

髪型が鉄腕アトムに似ていることが挙げられる。髪の色は前髪が明るめの茶髪であり、そのほかの部分は黒っぽい色をしている。

アメフトとの出会い

幼少期から孤独に生きてきたが、40ヤードを4秒2で走るという俊足ぶりを蛭魔妖一にかわれてアメフトを始め、泥門高校に入学すると泥門デビルバッツに入部。入部後はエースとしてたぐいまれな才能を開花させ活躍することとなる。

入部当初は、いやいや試合に出場していたが、試合出場を重ねるにつれてアメフトの面白さ、楽しさに気づきはじめる。名前の「セナ」の由来は、有名なF1ドライバーの、故アイルトン・セナである。

性格

男子としては非常に小柄な体格だが、その小さな体からは想像できない丈夫な体をしている。性格は、気弱で引っ込み思案であるのだが、優しい心の持ち主であり、正義感を併せ持っている。

そして、「アイシールド21」を通じて、アメフト選手としても、また一人の人間としても成長して、一人前の男となっていく様子が描かれている。

ただ、キャラクターとしてはどこにでもいるような一般的な高校生として描かれているので、親しみを持ちやすいだろう。家族構成は父と母の3人家族で、ペットの猫を飼っている。月の小遣いは500円だけである。

恋愛

恋愛事情に関しては無意識ながらも、瀧鈴音に惹かれていることが分かり、作品中においては徐々に仲は進展していく。一方、姉崎まもりとは、幼馴染であり、恋愛対象とはなっていない。

実績

小早川セナの作品中での主な実績としては、1年時の秋季大会における東京大会で、ベスト・イレブンランニングバック部門に選出されて、最優秀選手賞候補にノミネートされた。

その後の関東大会においては、ついに最優秀選手賞を受賞するに至った。そして、クリスマスボウルで「真のアイシールド21」となって、クリスマスボウル最優秀賞を勝ち取る。そして、全日本選抜代表にも選出されるなど輝かしい実績を誇る。

ポジション

ランニングバック(RB)兼フリーセイフティ(FS)

フリーセイフティ

ランニングバック

プロフィール

  • 学年 1年生
  • 背番号 21
  • 身長 155cm
  • 体重 48kg
  • 誕生日 12月21日
  • 血液型 A型
  • 40ヤード走 5秒(ケルベロス追走時 4秒2)→4秒2(進を腕で弾いた加速によって瞬間的に4秒1を記録)
  • ベンチプレス 10→40→45kg

テクニック

デビルバットダイブ

ラインが密集している上にボールを持ったまま突っ込む捨て身の技。ゴール目前の数ヤードをゴリ押しするのに有効。

チェンジ・オブ・ペース

急停止と方向転換の組み合わせで緩急をつけ敵を撹乱しタックルをかわす。

デビルバットゴースト

デス・マーチにより身につけたクロスオーバーステップを利用し敵を抜く技。敵の目の前で煙のように消えることからゴーストの名がついた。

デビルバットハリケーン

デビルバットゴーストに回転(スピン)を加えたもの。これによりタックルを受けても受け流して進むことができる。

デビルライトハリケーン

40ヤード4秒2の光速で行うデビルバットハリケーン。回転時もスピードは落ちることがなく即座に止めるのは不可能に近い。

デビル4ディメンション

超光速の走りの中で姿勢を変えずに一歩だけバックステップを入れることによって生まれる時間差で相手を翻弄する。

デビルスタンガン

ラン中にボールを片腕で持ちもう片方の腕で相手のタックルを捌く技。どぶろくいわく「突破力は2倍になるが、危険性は10倍になる。」

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加