盤戸スパイダーズ

盤戸スパイダーズは盤戸高校のアメフトチームである。チームの特徴は、キックゲームに特化したスペシャルチームという点である。また、選手の名前も特徴的であり、楽器等と関連したものが多くなっている。マスコットについても、ギターを持ったロックンローラーの蜘蛛「ロカ・ビリー」となっている。

チームの実績を見ていくと、前回の東京大会においては準優勝をしている。しかし、その後は主力メンバーを失い、大きく戦力がダウンした。これは、関西の帝黒アレキサンダーズの引き抜きによるものであり、春季東京大会においては惨敗している。

戦績

春季大会の結果もあって、秋季東京大会前の時点では、盤戸スパイダーズの評価はDであった。唯一評価されていたのは佐々木コータローのキックだけという状況だ。

しかし、いざ蓋を開けてみると、前評価を覆す快進撃を見せ、最終的には準決勝まで勝ち抜いた。惜しくも準決勝で負けてしまうったものの評価以上の戦いをしている。

また準決勝で負けても3位決定戦で勝つことができれば関東大会に出場できるため3位決定戦まで本気で戦い続けたチームだ。対戦相手は泥門デビルバッツであり、結果から言うと1点差で惜しくも敗退し、関東大会出場を逃してしまった。

余談だが、現実のアメフト大会では、東京4位校はSIC地区大会準優勝校とのプレーオフを行う。そこで勝利すれば関東大会出場権を手にすることが可能だ。

試合内容については、チームの一流選手は赤羽隼人と佐々木コータローだけであったものの、チームメイトはスパイダーポイズンを習得しており、押し合いでの強さを見せた。ライン戦においては終盤まで泥門を苦しめたほどである。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加