笠松新信(かさまつ にいのぶ)

笠松新信は太陽スフィンクスに所属する選手であり、ポジションはタックル兼ディフェンシブエンド。所属するチームの名物である「ピラミッドライン」の一角を担っている前衛のメンバーであり、その中でもナンバー2の実力をもつ。

容姿はオカッパ頭と寸胴の体型が特徴的で、しゃべり方に特徴があり、語尾に必ず「にー」とつけ、基本的に口汚いところがあり、笑い方も「しっし」と下品なものである。泥門との試合では十文字たちを挑発しているシーンもよく見られた。

試合では相手ラインを押し退け仰向けに倒す「青天」に大きな喜びを感じている。

試合での活躍

ヒル魔の挑発に乗り試合中に興奮してしまったことがある。その際には、頭から血を噴出させる描写がされるほどで、頭に血が上りやすくすぐに激怒してしまう性格である。

泥門戦では、3兄弟の十文字と対戦することになった。そこでは、序盤はパワーで相手を圧倒したものの、袖を引っ張って投げ倒すという、十文字の不良殺法にやられてしまう。

そこでリズムを崩してしまい、その後はチームの足を引っ張るようになった。また、守備においても、奇襲、あるいは罠ブロックにひっかかってしまい、最終的には逆に自分が押し負けて仰向けに倒されてしまった。

関東大会初戦では白秋ダイナソーズと対戦しているが、そこではピラミッドライン全員が負傷退場してしまった。特に彼自身の描写はされていないものの、番場と共に病院送りになったと思われる。

ポジション

タックル(OT)兼ディフェンシブエンド(DE)

タックル

ディフェンシブエンド

プロフィール

  • 学年 3年生
  • 背番号 66
  • 身長 183cm
  • 体重 138kg
  • 誕生日 2月21日
  • 血液型 B型
  • 40ヤード走 6秒1
  • ベンチプレス 110kg

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加