細川一休(ほそかわ いっきゅう)

細川一休は、神龍寺ナーガに所属するアメフト選手であり、ポジションはコーナーバック兼スプリットエンドとなっている。関東4強レシーバーの中でも最も実力があり、特に空中戦の強さと、世界最速ともいわれるバック走が武器である。

バック走については、5秒を切る驚異的な記録を持っており、全体としてその身体能力は並外れたものを持っている。その能力を自分でもしっかり認識しており、「空中戦なら阿含にも負けない」と言ったこともある。

阿含もその実力は認めており、ワールドカップのメンバー集めでは「一休は呼んでおけ」と発言している。眉間にあるホクロ、そして独特の髪型が特徴的で、兄弟も皆同じようにホクロがある。

性格

日常ではもっぱらいじられ役になっており、ムードメーカーとしての役割を持っている。その反面プライドが異常なほど高く、特にライバルに対してはそれが強く現れる。その変貌ぶりは山伏をも震え上がらせたほど。

敵に対しての闘争心は非常に強く、泥門戦の際にはモン太を徹底的にこきおろすシーンが描かれている。

また、女好きの面があり、高校でカワイイ女の子を見つけてビデオ撮影をしている姿が描かれている。一方で、実際に女性を前にすると、とたんに喋れなくなる。

ポジション

コーナーバック(CB)兼スプリットエンド(SE)

コーナーバック

プロフィール

  • 学年 2年生
  • 背番号 33
  • 身長 168cm
  • 体重 52kg
  • 誕生日 1月9日
  • 血液型 O型
  • 40ヤード走 4秒7(バック走は4秒89)
  • ベンチプレス 65kg

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加