葉柱ルイ(はばしら ルイ)

葉柱ルイは賊学カメレオンズのラインバッカー、そしてクォーターバックを兼ねている。賊学カメレオンズの主将であり、「フィールドのカメレオン」の異名を持つ。いわゆる「危ない男」であり、常にバタフライナイフを持ち歩き、メンバーを恐怖で統率するという男である。

ただ、身体的能力も優れていて、特にその腕の長さはとても有利に作用していた。リーチの長さに加えて「後だし戦術」を活かし、対戦相手を捉えることを得意としていた。

瀬那などのトッププレーヤーと比較すると凡庸な能力ではあり、戦略も知略といえるほどのものではなかったのだが、アメフトに対しての情熱は本物であった。

熱血であり、バタフライナイフさえなければ正統派のスポーツマンであるといえる。泥門メンバーが落ちたトライアウトには合格している。

家族

葉柱ルイには兄・葉柱斗影がいて賊徒大学に在籍している。兄弟ともに古風な基質をもった不良で、人情味、職人気質という特徴もある。アメフトに対しての情熱から、神龍寺と相対する泥門メンバーの姿を見て涙するほどであった。また、父は都議会議員でコネを持っている。

アメフト以外に関して

アメフトの他にはバイクの運転が特徴的で、一流のライダーである。チームのことを考えて行動したり、アメフトに対する情熱は本物であったりと、スポコン魂に溢れる人物ではあるが、実力が凡庸であったことが残念ではある。

ただ、本人は高校卒業後もアメフトを続けている。

ポジション

ラインバッカー(LB)兼クォーターバック(QB)

ラインバッカー

クォーターバック

プロフィール

  • 学年 2年生
  • 背番号 42
  • 身長 174cm
  • 体重 65kg
  • 誕生日 1月25日
  • 血液型 B型
  • 40ヤード走 5秒2
  • ベンチプレス 80kg

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加