鉄馬丈(てつま じょう)

鉄馬丈は西部ワイルドガンマンズに所属する選手であり、ポジションはワイドレシーバー。関東四強のレシーバーと言われるほどの実力の持ち主である。彼の父親は武者小路家の運転手であり、キッドとは旧知の仲である。

キッドとは幼い頃から友人であり、親友といえるほどの仲となっている。性格は無口で、試合中でも確実に仕事をするといった職人気質のプレーを見せる。

作中で喋るシーンはほとんどないものの、普通に会話をするときもある。モン太の挑発を受けた際、雪光にコーチする場面などがそれだ。

性格・性質

鉄馬丈の選手としての能力は、まずはその正確性とパワーがある。正確なルート走行に加えて、簡単には当たり負けしないパワーにより、人間重機関車の異名を持つ。日常生活においてもそれは同じであり、指示は必ず守るといった律儀な性格である。

しかし、時として指示を拡大解釈する、あるいは言葉の通りに受け止めてしまうこともある。監督が「水をたくさん飲んでおけ」と言った際には、腹を壊すまで水を飲み、欠場してしまったほど。

指示外の行動

東京大会の泥門戦では、指示されていない行動によって出場停止に追い込まれている。それは、自分と同じレシーバーが審判に抗議していた際、彼が出場停止にならないよう、妨害をしたことである。

ちなみに東京大会では、攻撃・レシーバー部門でベストイレブンに選出された。関東大会では、準決勝で白秋ダイナソーズと対戦する。そこでも、試合中に負傷したキッドへの思いから、初めて自分の判断でプレーをした。

ポジション

ワイドレシーバー(WR)

ワイドレシーバー

プロフィール

  • 学年 2年生
  • 背番号 15
  • 身長 182cm
  • 体重 92kg
  • 誕生日 5月15日
  • 血液型 B型
  • 40ヤード走 5秒0
  • ベンチプレス 120kg

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加