鎌車ケン(かまぐるま けん)

鎌車ケンは太陽スフィンクスの選手でポジションはコーナーバック。「戦車バンプ」という突きを得意としているパワー系のプレーヤーである。典型的なパワー系の後衛の選手であるものの、前衛陣の体格と比べると手足が細長いのが特徴的である。

基本的に陽気な性格であるもののそれゆえかお馬鹿な一面が目立つ。例えば入学してからずっとバンプの練習だけをしているという面に、その性格が現れている。

また、うっかりチームの櫓を破壊しかけたことがあるなど、ドジな面も持っている。ほうきの様な頭が特徴的であり、そのために特注のヘルメットを用意して試合に望んでいる。

試合での活躍

春季大会の時点では未出場となっている。しかしながら、番場や原尾らといったメンバーは、彼が選手として出来上がっていれば戦力として十分力を発揮できたと考えていたようで、神龍寺にも勝てたと考えていた。

周囲の評価は低くはなかった。そして、泥門戦に出場した際には、後半においてモン太とマッチアップすることになった。その際はパワーを全面に押し出して攻めたものの、最終的にはモン太に競り負けてしまった。

その他、壁(ライン)にも参加するなどの活躍を見せた。一方、白秋戦では出番がなく、先輩たちのプレーを眺めているだけであった。その際には、自軍のピラミッドラインが、峨王力哉の強力な突進を受けて崩壊していった。

ポジション

コーナーバック(CB)

コーナーバック

プロフィール

  • 学年 1年生
  • 背番号 98
  • 身長 188cm
  • 体重 95kg
  • 誕生日 12月8日
  • 血液型 O型
  • 40ヤード走 5秒1
  • ベンチプレス 85kg

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よければ是非シェアしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加